So-net無料ブログ作成

大阪都構想否決、数字をみれば大阪破たんは歴然!その理由、真実は?

大阪都構想の賛否を問う住民投票で
都構想が否決されたことを受け、
大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長は
17日大阪市内で記者会見し、
政界引退を表明しましたね。

「負けは負け」とあっさり受け入れ
自ら7年半に及ぶ、政治生命に終始符
を打つことになりました。

が、果たしてこの結果が本当に
「民意」によるものかは疑問ですね。

その結果は投票を済ませた有権者を
対象の出口調査で明らかになっています。

スポンサードリンク






歪んだ結果!賛成派20~30代、反対は70歳以上!


朝日新聞が実施した結果は以下の通りです。
賛成は20~30代にとりわけ多く、
反対は70歳以上に多かったようです。
全体では、男性の59%が賛成だったよう
です。

そして、賛否の理由として最も多かった
のは、賛成が「行政の無駄減らすべき」、
反対が「住民サービスが低下する」だった。

将来を不安視し改革を希望するこれからの
世代は、腐食した現状に甘んで現状を維持
することを望む、「お年寄り」の意見が
勝ってしまったわけです。

もう大阪は破たんするしかないのですかね。

さらに大阪市内での居住年数別では、
賛成は5年以内(67%)、5年以上
10年未満(69%)、 10年以上15年
未満(62%)、15年以上20年未満
(61%)で6割を超えた。

deguchichousa_img.jpg

スポンサードリンク





「呉越同舟」の仕組まれた結果?


今回は橋本維新VS自公民共連合でした。

支持政党別でみると、維新支持層は賛
成が97%に達した。

「都構想」に反対していた各党のうち、
自民支持層は反対が58%だったが、
賛成が42%で、党内でも意見が割れて
いたことがそのまま結果に出ていました。

以下はこんな感じです。


公明支持層は反対79%、賛成21%。
共産支持層は反対88%、賛成12%。
民主は不明(測定不能?)

無党派層は反対が52%、賛成が48%
と拮抗。

組織票をかき集めて、なんとか「民意?」
を得たような結果ですよね。

さて、今後ですが否決された「大阪都構想」
今後は、各党による「大阪と抗争」になる
のは間違えないですね。


変わらなければならない大阪から、
変わらない大阪。

期待せずに傍観したいと思います。

関連記事】橋下徹市長!大阪都構想で否決でも政界は引退しない?その理由は?





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 遊歩人 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。