So-net無料ブログ作成
検索選択

サッカー日本代表監督後任選び 断られ続ける理由がしょぼい??

サッカー日本代表監督はいったいいつになったら決まるのだろうか。

アギーレ監督の解任劇の混乱、今もなお続いている。

harasenmu_img.jpg


その後、ドラガン・ストイコビッチ、チェーザレ・プランデッリ、

グレン・ホドル、ミカエル・ラウドルップ.....

など、連日、後任の日本代表監督候補の名前が浮かんでは消える


「○○監督に断られた」という報道もすでにあり、相変わらずの

「交渉の不手際」に非難の声があがっている。

いったいなぜ、このような状況が続く理由を考察してみた。


スポンサーリンク






世界のトップ監督は3億以上!日本がだせる金額は?



現在、クラブ監督でもっとも年棒を稼いでいるのは

バイエルンミュンヘンのジョゼップ・グアルディオラ。

その年俸は実に20億以上と言われています。


代表監督選考のたびに名前があがるアーセン・ベンゲルも

年棒10億円からの交渉と言われています。

ちなみに前監督のアギーレが2.5億円。

日本代表歴代監督の中で最高年棒でした。


おそらく日本が用意できるのは2~3億円。

世界のトップ監督の相場が3億円以上と考えると交渉以前の

問題であり、これが最大の理由のようだ。


さらに世界的名将の最前線は、常に「欧州」にあることも考えると

発展途上のアジアサッカーにはさほど魅力を感じてないでしょうね。


マルチェロ・リッピ(ユベントス・インテル監督)のような名将が

中国のクラブの監督をしている理由は、14億円と言われる高年俸に

あるようです。



けちけちせんと、ぱ~とやって欲しいものですね。

totoで儲けていらっしゃるのだから…ね。


スポンサーリンク




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 遊歩人 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。